【2021年5月】マレーシア移住・渡航状況

こんにちは!サイフォンです。
先日、とあるマレーシアの会社から内定を頂き5月末~雇って頂ける事になりました。
※渡航までの期間は日本法人での勤務

今回は2021年5月時点、マレーシア企業に採用してもらっても渡航できるのか?
というお話を面接して頂いた企業(面接官)様から少し情報を得たので書いていきます。

※注意※ 
人から聞いた情報をお伝えするだけで事実確認ができておりません。
自身がまだまだ知識不足なので勘違いしている箇所があるかもしれません。
マレーシア移住を検討されている方にとって大切な判断材料だと思いますので、
それでも了承頂ける方のみご覧ください。

マレーシアへの渡航は可能!

結果からお伝えするとマレーシアへの渡航は可能

2020年3月~2021年3月 基本的にマレーシアへの渡航はSTOPしていたが現在は再開している。
(※英語スキルがある方は、希少だからかこの期間中でも渡航されている方がいました。)

但し、イミグレーション(出入国管理)が再開したばかりで混雑しているとのこと。

具体的にはビザを取得してマレーシアに渡航できるまでの期間は3ヶ月前後かかるみたいです。

僕の場合はビザ取得までの期間(3ヶ月程度)日本で研修や在宅ワークを行い、

ロックダウン等による変更が無い限り、その後マレーシアへ渡航となります。

ビザ取得まで日本企業で働いて待機できない?

ビザを取得してマレーシアに渡航できるまでの期間を
日本企業で働いて待ちたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

在職中の方でマレーシア企業への転職を検討されている方は特に、
再就職への不安から、このコロナ過で安易に仕事も辞める事ができないし、
明確に渡航できる日程がわからない状態で職を失うのはリスクが高いし、
「ビザが降りるまでは現職を続けたい」と考える方もいらっしゃると思います。

ちょっと理由が違いますが、僕も日本企業で働いて待ちたいと考えていました。
僕は今回応募した求人の職種がカスタマーセンターのサポート業務(コールセンター)で
シフト勤務の為、夜中に電話対応をする事も想定されます。
現在の住居地が団地で夜中の電話対応となると近隣住民の方に迷惑にならないかというのが心配でした。
とはいえ、騒音の気にならない住居に数ヵ月だけ引っ越すのも難しい。
という事で、面接官の方に聞いてみました。

サイフィン
「渡航まで日本の企業で働いて待つ事はできないでしょうか」

面接官
「会社に所属しない限りビザ取得の申請は不可ですので…」

(‘A`)

まぁ、これはしゃあない。という事で僕の場合は不可でした。

ですがSNSで情報交換をした方によると、(その方は現在日本企業で在職中)
マレーシア渡航の準備ができるまで現職を続けても大丈夫ですと許可をもらえたとのこと。
※面接の際の質疑応答ですので、結果採用となったかは聞けていませんが。

これは企業によるのかもしれませんね。ビザ取得のフローがわからんです…。

ひとまず、僕は今の住居での防音対策や夜間シフトの際には別途場所を借りるなどで
対策をしてみる予定です。

在宅期間で業務への適正判断

マレーシアの企業に採用となると
会社はビザの申請に時間や労力をかけてくれますし、
企業によって片道の航空券を負担してくれるみたいです。

それでもミスマッチは当然あって業務や環境に馴染めずにすぐ退職(帰国)と
なる方もいらっしゃると思います。
そうなると、企業としては採用コストだけかかって骨折り損になる。
(※一定期間内での自己都合退職は航空券の返金規定とかもあるでしょうが)

個人的な見解ですが、そうならない為に業務面だけでも順応できるかを日本での
在宅期間で判断して採用にかかるコストやリスク回避をしている気もします。

勝手な想像なのでビザ取得まで実際に3ヶ月かかるのかもしれませんし、
本当は3ヶ月もかからなくて、2ヶ月程度を業務の適正判断として、その後問題なければ申請しているとか
そんな可能性もあるような気がします。
でも決して悪い事ではなく、マレーシア移住をする方にとっても良いのかもしれません。
業務も環境も一気に変わるよりは、業務だけでもなれて渡航するほうがストレスとか負担は少ない気もしますしね。

詳細な情報の提供ができずてすが、
「マレーシア企業に就職して移住したいけど、コロナ過では行けないの?」
「今、就活しても日本での在宅勤務しか無理なの?」
と、思われてるかたの参考に少しでもなれば嬉しい限りです。

Follow me!