マレーシア就職の面接で聞かれたこと

こんにちは、サイフォンです!
今回は、僕が先日体験したマレーシア就職の面接内容について書いていきます。

企業名や、面接中の具体的なテスト問題を書くことはできませんが
ひとつの例として面接の流れや、聞かれた事について触れていきます。
これからマレーシア企業への転職を考えている方の参考に少しでもなれば嬉しい限りです。

ちなみに面接はビデオチャットツール(skypeやzoom)を使って行い、所要時間は1時間程度でした。

企業説明と就業条件の説明

まずは面接官の方が企業説明と就業条件の説明をしてくれました。

企業説明

  • 親会社
  • 従業員数と男女比
  • 事業内容
  • クライアントの特徴

就業条件の説明

  • 業務内容
  • シフト
  • 給料
  • 研修期間
  • 研修期間後のテスト
  • 入社日やマレーシア渡航の目安

特出すべき点は「研修期間後のテスト」です。
恐らく、今回僕が応募した企業に限らず、日本人採用をしている
マレーシアのBPO企業では一般的に行われているものだと思います。
※以前、他の求人(マレーシア勤務)を人材会社さんから紹介して頂いた時にも
研修期間後のテストはあると聞きました。


このテストに落ちてしまうと契約終了になる可能性があるみたいですね。
研修期間中に覚えるボリュームは多いものの
毎日、真面目に受けていれば基本的には合格できる内容と聞いてます。

自己紹介と対応テスト

自己紹介

一通り、就業条件などの説明が終わると今度は自分が喋る番です。
「最終学歴は?」「前職ではどんな仕事をしてましたか?」「退職理由は?」みたいに
ひとつひとつ質問をされるわけではなく「それでは、自己紹介お願いできますか?」
と言われるので、ある程度はこちらで内容を決めて話す感じでした。
僕の場合は出身、最終学歴、今まで経験した仕事、マレーシア移住に思い立った経緯などについて話をしました。

対応テスト

自己紹介が終わると、次に「対応テスト」がありました。
僕はカスタマーセンターの求人に応募したので、実務で想定される
電話やメールでのお客様からの問い合わせ・クレームにロープレ形式で対応をします。

当然、面接の段階ではマニュアル教育等を受けていませんので具体的な対応内容を
判断するわけではありません。
「折り返し連絡する旨を伝えてください」とか
「〇〇で対応してください」とか指定された内容通りに会話orメール文書の作成
をするといった感じです。

仕事で「BtoB」や「BtoC」の対応経験がある方であれば、まず問題ないレベルでした。

面接中に質問されたこと

面接中に質問された事はザッと3つでした。

①なぜマレーシアに移住したいのか?なぜ弊社なのか?

僕も前職では採用担当として面接をする機会が多かったですが、目的や動機がハッキリしている方が
採用担当者としては安心できますよね。
ましてや、海外移住となると「職場環境の変化」だけでなく「生活環境の変化」もありますからね。
少々ストレスや辛い事があっても頑張れるだろう!と思ってもらう事は大切だと思います。
この質問は、マレーシア企業の面接では必ず聞かれると思うのでしっかり固めといた方が良いと思います。

②ストレスを感じる時はどんな時?またストレスを感じた時の対処法

日本企業の面接でも良く聞かれるやつですね。
ストレス耐性や発散先があるかなどを見られていると思います。
「友人と飲みに行く」とか、日本(のコミュニティ)でしかできないような事は
マレーシアに移住してきても発散先ある?ぐらいの軽いツッコミはあるかもしれません。

③マレーシアに来てしてみたい事や目標はあるか

仕事面というよりはプライベート的な目標があるかと聞いてくれました。
僕の場合は「海外で趣味のドラム演奏をしてみたい」をいう思いがあったので、回答しました。

おわり

僕が体験したマレーシア面接の流れは以上です。
選考結果の連絡は一週間以内に頂く事ができました。

僕の場合は英語力不問の求人だったので、全て日本語での面接対応で
英語のテスト等は一切ありませんでした。(実はこれが一番心配だった)

面接前の話になりますが、履歴書や職務経歴書と一緒に
①自宅のインターネット通信速度・環境について測定したスクショのデータ
e-typingによるタイピング速度の測定をしたスクショのデータ
上記2つのデータ添付も依頼されてました。
カスタマーセンターの求人なので、話しながら文字入力を行う必要があり選考に必要なのでしょう。
どのぐらい能力があればOKなのか、選考基準はわかりませんが
ご自分のタイピングレベルを知る為にも一度練習してみてはいかがでしょうか。

以上!マレーシア就職の面接についてお話させて頂きました。

Follow me!